自分の真実は他の人の真実とは違う

よく透視のトレーニングって何するの?

っと聞かれることがあります。

もちろんオーラを視たり、
過去生を視たりするのですが、
実はトレーニングの中で重要なのは、
自分の真実は何かを見つけていくことです。

だからこそ、トレーニングの中では
多くのことを概念として教えません。

愛はこういうものだとか、
関係性はこういうものだとか
ということについては伝えません。

それよりも、自分自身を視たときに
愛についてどのように捉えているのか、
うまくいっているところはどこか、
うまくいっていないところはどこか。

うまくいっていない、
ブロックがあるならどうしたら良いか、
などをトレーニングの中で見出していくのです。

それはまさに魂と魂の学びの場だと思っています。

ひとりで何もない状態で、
課題を乗り越えるより、透視のテクニックを使いながら、
人生に向き合ったほうがより面白いと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です