お客さまの欲求はどこにある?

ビジネスをやっていると、
たまに出てくるキーワード「ニーズ」や「ウォンツ」。

お客さまが必要と思うこと、そして、欲求はどこにあるのか。

お客さまに良いものを提供するためにも、
これらを理解することは大事ですね。

お客さまを理解するためにも占星術は役に立ちます。

それは出世図の月を見ることです。

月は感情は欲求を表しています。
人はこの月のエネルギーを安定させたいと感じています。

だからこそ、どこに月があるかでお客さまの必要性や
欲求がどこのあるのかを理解する手助けになるのです。

例えば、おひつじ座であればユニークであることや、
そのための行動を促されること、

おうし座であれば、安定性や自分が心地よいと感じられるもの、

など。

もしかすると、これらのことは
月のコンディションや他の天体との関係性で
お客さま本人も気がついていないところかもしれません。

そこに光を当てながら、
お客さまに良い商品を提供することができるのです。

このように月の理解を深めると、お客さまも違う見え方をしますね。

出生図というひとつのチャートの中には
このように色んな発見が詰まっているのです。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です