「この時期よく昔の友だちから声がかかる」の裏側

占星術において、時期的な鑑定を行っていくときは外側の世界、内側の世界をみていきます。

外側の世界は、自分の外側で起こる反応です。
例えば、「人から声がよくかかる」という事象を示しています。

一方、内側の世界は自分の心の世界です。
人から声がかかったとしても、それに乗り気なときもあれば、
そうでないときもあるでしょう。

「この時期、昔の友だちからよく声がかかる」という人がいたので、
鑑定をしてみると、やはりコミュニケーションの星を中心とした
良い星の配置を取っていました。

このように定期的になにかの事象があなたの周りで起こるのは、
いわゆる出生図(生まれたときの星の配置)のクセです。

そのクセがわかれば、未来をある程度予測することもできるでしょう。

占星術の世界は興味深いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です