財の基盤を築くときは誰にでもある

特に経営をしていたり、独立したてであったり、気になるのは財政基盤ですよね。

できるだけ収支を気にせずに、経営したいものですが、このお金の悩みはつきまといます。

実は、この財の基盤を築くというタイミングは誰にでもあります。

それは個人であっても、法人であってもです。

そのときは基盤を立て直すチャンスです。

徹底的に支出を見直して、収入を得ていくための受け皿を整えていきます。

このようにリズムがわかりようになってくると、
自分がやっていきたいことの道すじがクリアになってきます。

例えば、財の基盤を築くときに大きな投資は「ちょっとストップ!」です。
今一度、その投資内容を見直す必要があるかもしれません。

そして、一度立ち止まり投資内容を見直してみて大丈夫そうであれば実行。
まだ時間をかけての良いのであれば、保留にします。

経営者の勘、というものがあると思いますが、
それを客観的にもう一度確認できるのが占星術と言ってもいいでしょう。

昔、fool system という占星術のサービスを行っていました。

なぜ fool (愚者)かと言うと、タロットの最初のカードであることもそうですが、
宮廷の道化師は唯一、王の決定を批判できたからです。

自由な発想をもとに発言をしていました。
人によっては、それは神聖なものだと捉えられていたそうです。

トップを走っていく王や経営者だからこそ、
そのような存在が必要なのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です