12星座占いで得れる情報は1/10以下!?

12星座占いで得れる情報は1/10以下!

よく毎日の占いや雑誌の占いで、
12星座占いをチェックしている人もいると思います。

「私はふたご座生まれだから〜」
とふたご座が書かれているコラムを見たり。

しかし、それは占星術のほんの一部なのです。

12星座占いは、あなたが生まれたときに
(占星術的に)太陽の位置がどこにあるのかで決まります。

各星座(サイン)は30度なので、
ふたご座の1度に太陽があったとしても、
18度にあったとしても、その人はふたご座になります。

しかし、よくよく詳しく見ていくと、
この1度なのか、18度なのかで大きな違いを生み出していきます。

また、見る天体も太陽だけでなく、
月や金星、火星などの天体。
現代であれば、天王星や海王星、冥王星なども考慮に入れていきます。

だからこそ、占星術の鑑定に必要なのは生年月日だけでなく、出生時間や出生地まで含みます。

その瞬間、その場所で生まれたあなたを中心にして、
星がどのような位置をとっていたのかを見ていくことで、
あなた自身を浮かび上がらせていくのです。

それぞれの天体がどの星座に入っているのか、
また角度を計測して、影響を見たりします。

だからこそ、12星座占いで得られる情報は1/10以下。

星が、自分にとってどれだけの影響があるのかを実感するととても驚くでしょう。

ぜひ、あなたも自分の星を占星術から眺めてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です