「教える」は運気上昇のお仕事

こんにちは、末吉大希です。

今日は「教える」ということについて、
考えていました。

私自身、さまざまなインストラクター資格を
持っているので、教えるということの意味は
いつも考えています。

「教える」とは学び手の運気を
上昇させるためのお仕事だと思うのです。

学び手(参加者)は、それぞれのタイミングで
その場に来ています。

ある占術の師匠のひとりは
「鑑定が終わった後に、落ち込んで帰らすようではダメ」と
言っていました。

恐怖心や不安心を刺激して帰らせてしまうと、
それだけで運気が下がってしまう。

喜びや未来の自分に期待して帰らせることが、
運気上昇につながるのだと言っていました。

とある海外の教育機関では
学び手の変化を観察するために
オーラを見る教育を行っているそうです。

運気がお互いに上昇していくために、
これからも研鑽していきます!